グループの歩み

拡大を続けるEPSグループ

EPSグループの歴史は、CROビジネスが黎明期にあった1991年に始まります。以来、CROからSMO、CSOと、着実に事業領域を拡大し、今や医薬品開発をはじめ、健康産業に関わる多彩なサポートを網羅する企業グループへと成長しています。さらに、早くから中国をはじめとした海外を視野に入れ、事業エリアもグローバルに拡大。新薬開発のグローバリゼーションにも対応しています。

CRO
1991 臨床試験関連のソフトウェアの開発・販売を事業目的として、「株式会社エプス東京」を設立(EPSグループの創業)
1993 症例登録センターを設置し、CRO事業に本格参入
1995 データマネジメント業務を本格始動
1998 モニタリング業務を本格始動
2001
  • 非臨床試験分野に進出
  • JASDAQに株式上場
2005 「株式会社イーピーメイト」を設立し、派遣型CRO事業を開始
2006
  • 東証一部に株式上場
  • 「イートライアル株式会社」を設立し、IT事業を強化
2008 EPS単体の売上が日本CRO協会加盟会社の中で第1位となる
2010
  • 「株式会社アツクコーポレーション」のCRO事業を買収し、モニタリング業務を強化
  • 医薬品・食品・化粧品の分析業務を行う株式会社SCGを子会社化
2014 日揮ファーマサービス株式会社を子会社化し、「株式会社EPSアソシエイト」を設立
2015 持株会社制に移行
SMO
1999 SMO事業の「株式会社イーピーリンク」を設立
2005 「株式会社イーピーリンク」と「株式会社ミント」との合併により、「株式会社イーピーミント」を設立
2011 「株式会社イーピーミント」JASDAQに株式上場
2012 「株式会社エスメディサ」を吸収合併
2014 「イーピーエス株式会社(現EPSホールディングス株式会社)」を完全親会社とした株式交換にあたり、株式会社イーピーミントをJASDAQ上場廃止(12月26日)
2015 株式会社イーピーミントが「EPSホールディングス株式会社」の完全子会社に
2016
  • EPSホールディングスが株式会社綜合臨床ホールディングスと事業統合し、CRC1,000名を抱える国内最大のSMOへ
  • 「株式会社イーピーミント」は「株式会社綜合臨床サイエンス」を吸収合併し「株式会社EP綜合」に商号変更
  • 「株式会社EP綜合」は「株式会社綜合臨床ホールディングス」を吸収合併
CSO
1997 「株式会社サイバーメディカルネット」を設立
2004 「サイバーメディカル」が「イーピーメディカル株式会社」に商号変更し、CSO事業に本格参入
2006 「株式会社メディカルライン」を設立
2009
  • 「株式会社メディカルライン」をグループ化
  • 「株式会社ファーマネットワーク」と「イーピーメディカル株式会社」が合併し、新生ファーマネットワークが活動開始
2013 「株式会社メデイカルライン」と「株式会社ファーマネットワーク」が合併し「株式会社EPファーマライン」を設立
CPO
2010 「EMS株式会社」を設立し、医薬品マーケティング情報等のデータセンター業務を開始
2011 「益新(中国)有限公司」と「益徳穿梭(大連)有限公司」の合弁により、BPO事業海外オフショア戦略拠点として「益新健康科技服務(蘇州)有限公司」を設立
2013
  • BPOの国内ニアショア拠点として「株式会社イーピーエス山梨」を設立
  • BPO事業統括会社として「EPI株式会社」を設立
2015
  • 「EPI株式会社」による「EMS株式会社」の吸収合併
    EMSの事業は7月1日よりEPI株式会社セールス&マーケットデータ(SMD)事業本部が業務を継承
  • 「株式会社イーピーエス山梨」が「EPI山梨株式会社」に社名変更
  • BPO事業に臨床研究関連事業を加え発展・強化させるべくジェイクルーズ株式会社を新設。同時にBPO事業をCPO事業に名称変更
2017
  • 「EPI 株式会社」は「ジェイクルーズ株式会社」を吸収合併し「EP クルーズ株式会社」に商号変更
GR
1999 中国現地子会社を設立し、CROおよびソフト開発事業を開始
2001 「上海日新医薬発展有限公司」を設立
2003 「EPSシンガポール」を設立し海外CRO事業、東南アジアの戦略拠点とする
2007 「EPS台湾」を設立
2009 「EPS香港」を設立
2010 台湾のSMO:全面顧問股份有限公司を「EPSインターナショナル株式会社」の子会社する
2011
  • 韓国に「EPS International Korea Limited」を設立
  • 「益新国際医薬科技有限公司」を設立し、アジア・パシフィックの体制強化
2012 欧米エリアの拠点として米国に「EPS Global Research, Inc」を設立
2013
  • シンガポールのCRO:Gleneagles CRC Pte Ltdを買収し、東南アジアでの拠点を拡大する
  • 海外CRO事業を分社化し「EPSインターナショナル株式会社」を設立
益新
2008 「益新(中国)有限公司」を設立し、中国事業を統括
2010 「天津睿瀛生物科技有限公司」を設立し、中国にて医薬品開発を開始
2011
  • 中国事業本部を新設
  • 「蘇州市益普思服務外包職業培訓学校」を設立し、中国での医薬関連人材の教育事業を開始
2013
  • 「益通(南通)医療設備有限公司」を設立
  • 中国事業を分社化し、「EPS益新株式会社」を設立

ページトップへ