グループの歩み

拡大を続けるEPSグループ

EPSグループの歴史は、CROビジネスが黎明期にあった1991年に始まります。以来、CROからSMO、CSOと、着実に事業領域を拡大し、今や医薬品開発をはじめ、健康産業に関わる多彩なサポートを網羅する企業グループへと成長しています。さらに、早くから中国をはじめとした海外を視野に入れ、事業エリアもグローバルに拡大。新薬開発のグローバリゼーションにも対応しています。

1991
  • 臨床試験関連のソフトウェアの開発・販売を事業目的として、株式会社エプス東京 を設立
  • 復旦盛栄株式会社に商号変更
1992 株式会社イー・ピー・エス東京に商号変更
1993
  • 臨床試験関連の症例登録・割付業務を開始し、CRO(医薬品開発受託機関)事業に参入
  • 厚生省薬剤疫学研究関連の大規模臨床試験サポートシステムを開発
1996 イー・ピー・エス株式会社に商号変更
1999
  • 中国にてCROおよびソフト開発事業を開始
  • 医療機関の治験関連業務を支援するSMO(治験施設支援機関)事業を開始
2000 製薬会社のMR業務を請け負うCSO(医薬品販売業務受託機関)事業を開始
2001
  • イーピーエス株式会社に商号変更
  • JASDAQへ株式を上場
2003 東南アジアにてCRO事業を開始
2006 東京証券取引所第一部へ株式を上場
2010 中国にて医薬品販売事業を開始
2015 持株会社制へ移行し、EPSホールディングス株式会社に商号変更
2016 株式会社スズケンと資本業務提携契約を締結
2020 新型コロナウイルス(COVID-19)向けDNAワクチン共同開発に参画

ページトップへ